スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魅力的なボーとした世界

あくせずしないボーとすることができるなら、生きているそのことが楽しい。母親の胎内にいたときの明確な記憶はないが、もしあれば分別智がないから自分自身の感覚がメインだから幸福感は、想像できないほど凄いものかも思う時があります。その感覚に近ずく為には、ひたすたボーとすることかも、っとフッと思います。宮沢賢治の有名な詩の中で「いつも静かに笑っている」の心境も宇宙の何らかのリズムと繋がっているのかも?なんかボーとすることを追求すると凄い世界に近づけるのかも?
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。